WiMAX本家!UQWiMAXの料金は高い?

UQWiMAXはau系列のUQコミュニケーションズが運営するサービスです。

他のWiMAXプロバイダはこのUQコミュニケーションズの基地局から発信されるWiMAX回線を利用しているため、UQWiMAXは「本家」とか「公式」などと言われることもあります。

今回はそんなUQWiMAXの料金設定についてチェックしてみましょう。

 

UQWiMAXの料金はずっと定額!でも割高って本当?!

UQWiMAXでは2つの料金プランが選べます。

  • 月のデータ通信量に制限がないギガ放題プランのUQ Flatツープラス ギガ放題
  • 月に7GBまでと通信量が決まっているUQ Flatツープラス

それぞれの料金プランは以下の通りになっています。

UQ Flatツープラス ギガ放題(月無制限) 4,280円(ずっと定額)
UQ Flatツープラス(月に7GBまでの通信プラン) 3,696円(ずっと定額)

WiMAXの月々の料金は契約期間によって結構コロコロ変わってしまいますが、UQWiMAXの場合は契約の初月から最後までずっと定額で使えます。この点はわかりやすいですね。

もし契約期間3年間のトータル料金で考えると

UQ Flatツープラス ギガ放題は154,080円、UQ Flatツープラスは133,056円となります。

しかしこの料金、他のWiMAXプロバイダと比べるとかなり割高です。

BroadWiMAXなどの安いプロバイダではギガ放題プランであっても月に3,000円代の料金となっています。

さらにUQWiMAXにはキャッシュバックなどのキャンペーンはありません。不定期で1万円のキャッシュバックがもらえるキャンペーンはありましたが、現在のところは実施されていないようです。

実際に3年間の契約期間で考えると2~3万円もの差がついてしまうこともあります。

 

月額料金以外に端末料金もかかる?!

またUQWiMAXでは初月の請求の際に、どこでも共通にかかってしまう契約事務手数料の3,000円に加えて、端末代も発生します。

例えば2018年11月8日に発売されたWX05の代金は800円となっています。

概ねその他の端末も代金が800円~発生します。

ほとんどのプロバイダが端末代は無料もしくは1円となっている中、唯一端末代金がかかってしまうので、注意しましょう。

 

UQWiMAXは料金面でのメリットが少ない…

結論として料金でWiMAXを選ぶ場合は、UQWiMAXを選ぶのはおすすめできません。

何で高いの?と聞かれると

  • もし公式のUQWiMAXが他のプロバイダより安かったらどこも回線を借りない…
  • 基地局などの維持や増設に費用がかかる。

こういった点が理由として挙げられるかと思います。

ただし公式なのでやはり安心感はあります。(といっても通信機能は変わりませんが…)

またサポート体制もしっかりしているという評判もあります。

もしそういった点にメリットを感じたら契約してみても良いかもしれません。